診療案内|鎌ヶ谷で一般眼科・白内障手術の眼医者お探しの方はまるやま眼科まで

受付時間
【午前】08:30~12:00
【午後】14:30~17:00

休診日:日祝日・火金土午後

当院ではコンタクトレンズの処方・取り扱いは行っておりません

メガネ受付:午前11時まで午後4時半まで
眼底検査受付:午前11時半まで午後4時半まで

  • 受付時間
  • アクセス
  • メニュー
鎌ヶ谷・まるやま眼科

精度の高い検査・診断に基づいた
お一人おひとりの症状に合わせた適切な治療を、
わかりやすく丁寧にご説明したうえで進めてまいります。

白内障

鎌ヶ谷・まるやま眼科

視界がかすむ

光がまぶしい

ものが二重に見える

目の中では水晶体が、光を集めてピントを調節するレンズのような働きをしています。
白内障は、この水晶体が白く濁ってくる病気です。進行の程度には個人差がありますが、白内障は誰にでも起こる老化現象の一種です。初期であれば進行を食い止めるために点眼治療を行う場合もありますが、根本的な解決・解消のためには、手術治療しかないとされています。

  • 【正常】
    透明な水晶体

    鎌ヶ谷・まるやま眼科

    透明な水晶体は、光を十分に通して
    光の屈折を調整し網膜に像を映します。

  • 【白内障】
    白く濁った水晶体

    鎌ヶ谷・まるやま眼科

    濁った水晶体は、光を通すことができず、
    網膜に映る像がぼやけます。

緑内障

鎌ヶ谷・まるやま眼科

視野が狭くなった

視野が欠ける

目の奥が痛い感じがする

緑内障は、眼球の圧力(眼圧)が高くなり、眼の奥の視神経が圧迫されることで視野が欠けてしまう病気です。40歳を超えると発症しやすくなり、悪化するまで自覚症状がほとんどありません。早期発見できれば、眼圧を下げる目薬で進行を遅らせることができますが、充分な効果が見られない場合は、手術やレーザー治療を行います。
気になる症状がある方は早めに受診することはもちろん、40歳を過ぎたら定期的に眼底検査を受け、早期発見を心がけましょう。

黄斑疾患

鎌ヶ谷・まるやま眼科

視界が歪んで見える

視野の中心が暗く見える

色がよくわからない

黄斑とは網膜の中心にある直径1.5mm~2mm程度の小さな部分で、見るものの形、大きさ、色などを識別する部分です。網膜が腫れて液体が溜まると、網膜が歪むことで、視界の中心が歪みます。また、中心部が見えない、視力が低下する、色がわからない、などの異常が生じます。重症の場合、失明する恐れがあります。

  • 糖尿病網膜症

    糖尿病の主な合併症のひとつ

    血液中の過剰なブドウ糖(高血糖)によって、目の網膜の毛細血管につまりや変形、出血などの異常が生じることで、血液の成分が漏れ、黄斑にむくみが生じます。

  • 加齢黄斑変性

    代表的な目の老化現象のひとつ

    加齢によって黄斑の組織が委縮したり、網膜のすぐ下にできた異常な新生血管から液体が漏れることで、黄斑にダメージを与え視覚障害を引き起こします。

網膜硝子体疾患

鎌ヶ谷・まるやま眼科

黒い点や虫のようなものが見える

目の前が歪む、濁って見える

視野の中心が暗い、欠ける

硝子体(しょうしたい)は眼球の中身の大部分を占めている、透明なゼリー状をした組織です。この硝子体に濁りや異常が生じると、糸くずや黒い虫のようなものが常に動いて見える「飛蚊症」や、暗く見える、歪んで見える、視力が落ちるなどの症状が起こります。
生まれつきや加齢による変化など、特に心配ない場合もありますが、網膜剥離や眼底出血など重篤な疾患の可能性もあります。違和感を感じたら放置せず、早めにご相談ください。

アレルギー・結膜炎

鎌ヶ谷・まるやま眼科

目がかゆい

目が充実している

べたつく目やにがでる

目やにがでる、目が充血するなどの結膜炎の原因は、細菌性のものやウイルス感染によるものなどがあります。花粉症やダニ・ハウスダストによるアレルギー性の目のかゆみや充血なども、症状が重くなる前にご相談ください。
なお、流行性角結膜炎(はやり目)は、感染力の高いウィルスのため、保育園・幼稚園・学校は登校禁止、お仕事によっては欠勤しないといけないケースもあります。完治証明書などが必要な方はご持参ください。

ものもらい

鎌ヶ谷・まるやま眼科

まぶたの縁にできものができた

まぶたが赤く腫れる

まばたきをすると痛い、異物感がある

通称「ものもらい」と呼ばれる症状は、主に2種類に分けられます。
まつげの生え際にある分泌腺に脂肪が詰まることにより、白いできものができたり、腫れたりするのが「霰粒種(さんりゅうしゅ)」です。化膿すると、痛みを伴います。
一方、細菌感染によって、まぶたの一部が赤く腫れ、まばたきするだけでズキズキするような痛みがあったり、押さえると痛いのが「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」です。
いずれも、抗生物質の点眼薬や内服薬によって消炎を図ります。

ドライアイ・眼精疲労

鎌ヶ谷・まるやま眼科

目がしょぼつく、乾燥する

目に異物感がある、ゴロゴロする

目が疲れやすい

ドライアイは、目を守るのに欠かせない涙の量が不足したり、涙の質のバランスが崩れることによって、目の異物感や疲れなどの不快感を引き起こします。
パソコンやスマートフォンの使用、コンタクトレンズ装用者の増加に伴い、年々ドライアイと診断される方が増えています。原因や症状によって目薬の種類も変わりますので、適切な診断を受けることをおすすめします。

小児眼科・弱視/斜視

鎌ヶ谷・まるやま眼科

お子さまに目やに・涙が多い

ものを見るときに目を細めたり、頭を傾けたりする

片目の位置が左右上下にずれている

お子さまは自分で症状を伝えることが難しいため、ものを見るときに、目をこすったり、目を細めるなど、見えにくそうにしている様子が見られたら一度受診することをおすすめします。
また、目やにが多い、目が充血しがちなど、感染症やアレルギーの可能性もありますので、症状がひどくなる前にきちんと検査することが大切です。

  • 弱視

    鎌ヶ谷・まるやま眼科

    眼鏡をかけても十分な視力が出にくい状態で成長がとまってしまうのが弱視です。
    弱視には、生まれつきの斜視が原因となる斜視弱視や、遠視等が原因となるものがあります。遠視が原因の弱視には、片目の弱視(不同視弱視)と両目の弱視(屈折性弱視)があります。

  • 斜視

    鎌ヶ谷・まるやま眼科

    片目は正面を向いていても、もう片方の目が違う方向を向いている状態が斜視です。
    常に斜視になっている場合(恒常性斜視)と、ときどき斜視の状態になる場合(間歇性斜視)とがあります。また、生まれた直後から斜視が明らかに存在する場合と、成長してから目立ってくる場合とがあります。